自然の流れで風俗へ向かう

主役は自分の気持ちなんだなって

風俗出の主役は女の子でもなければ自分の体でもないんです。主役は自分の気持ちだったってことですね。それが大きいなってことに気付いたのは、この前の風俗嬢との一戦でした。相手をしてくれたEちゃんが、自分のために一生懸命頑張ってくれたんです。自分は感動しました。快感と感動のダブルパンチ。それで感謝していると「お客さんを楽しめるのが私たちのお仕事だよ」なんて可愛く言ってくれたんですよ(笑)あの時の表情はとにかく可愛かったんですけど、でも、彼女は可愛いだけじゃなく、いろいろなことを教えてくれたんですよね。女の子側としてはいろいろと理想を語ってくれた方が何をすればよいのか分かるのでありがたいって。それで気付かされた部分もあるんですよね。確かに、自分でリクエストすれば女の子は実行するだけでいいですもんね。自分の仕事でも支持が多い方が、自分が考える部分は少なくなるので楽ですし。だから風俗もそうなんだんってことに気付いたんです。

人妻は「リアル」ですよね

風俗で人妻を指名するのは、人妻という存在が「リアル」だからこそなんですよ。風俗で遊んでいるというよりも、不倫しているような気持ちになるんですよね。特にデリヘルだとその傾向が強いような気がします。別にいけないことをしている訳じゃないんですけど、ホテルで人妻を目の前にすると、そのシチュエーションはいわば不倫そのものなので特別な気持ちになっていくし、人妻も普通に接してくれるので本当に不倫しているかのような気持ちを味わえるじゃないですか。快感だけじゃなくて心まで楽しめるのもあって人妻が大好きなんですよ。ただ、毎回人妻だとその刺激に慣れてしまうので人妻もローテーションです(笑)風俗では自分でこういったローテーションを意識して組み立てることによってマンネリとは無縁の風俗生活を楽しみたいなって思っていますし、それが出来るようになってきているので風俗がより一層楽しいなって思えるんです。とにかく理屈抜きに人妻は最高ですよ(笑)