自然の流れで風俗へ向かう

いやいや、Dも凄いですよ!

正直「Dカップ」と聞いても「ふーん」くらいにしか思わない人が増えているんじゃないですかね(笑)この前の風俗嬢がDカップだったんです。ホームページにDカップだと明記されていたんですけど、その時は自分も「ふーん」くらいにしか思いませんでした。これはもう完全に感覚が麻痺しているからこそだと思うんですよ。だって本当はDだってかなり見事なんです。でも最近は風俗嬢に限らず、世の女性の発育が良いのでD位では満足出来ないというか、それこそEだFだが当たり前というか、グラビアアイドルなんかだとIだJだと一体何を意味する記号なんだろうって思うようなものまで登場しているじゃないですか(笑)だからDだと「そんなでもない」「まぁ微乳じゃないかな」くらいにしか思わなくなってしまっていましたけど、実際にはDカップだって大きいですし、それに張りのあるバストでしたしね。だから女の子の胸は、サイズじゃなくて形。そう思いましたね。

ローンとは別問題だからこそ風俗へ

マイホームを購入しました。そして、自動車ローンも組んでいます。二つのローンは負担とまでは言いませんけど、それでも風俗で遊ぶのは控えません。お金があるというよりも、そこには日常生活の中での涙ぐましい節約があるんです(笑)まず、ランチは基本的にはお弁当です。さらに、買い物の際は半額などの割引商品を狙うようにしています。思えば定価での買い物なんてほとんどありません。そして、たまには風俗にも行きたくなりますけど、その時も女の子を見るよりもどれだけ割引出来るのかで考えるんです。風俗で遊ぶ時、一つの指針となるのはやっぱり割引額なんです。クーポンやメルマガなど、風俗では割り引きをもたらしてくれるものも多数あります。これらを活用するのは当たり前ですけど、どれくらい活用出来るのかもまた、しっかりと考えたいなって思っているんですよね。定価じゃなく、割引の利率を比較した上で、何がお得なのかということを考えるようにしているんです。